[プラモデル ガンダム]パラス・アテネ 完成写真


出来上がったパーツを組んだら完成です。

全体的なバランスも、大きな破たんなくできたと思います。

一度完成をあきらめたものだったため、完成できて本当によかったと思います。

pa naname.jpg


pa front.jpg


pa side.jpg


pa back.jpg

[プラモデル ガンダム]パラス・アテネ 肩、頭部、腕 完成 


pa shoulder.jpg

頭部と肩部分は完成です。肩の拡散ビーム砲はH-アイズを使用しました。


ちょうどいい大きさのものが3個しかなかったので、大きめの物を一つ削って同じ大きさにしました。節約です。


モノアイも同様に一番小さいサイズのものを削ってちょうどいい大きさにして、貼りつけました。


ちなみに、H-アイズは裏を白く塗っています。



pa arms.jpg

腕はこぶし部分を半分スクラッチしましたが、初めてにしてはうまくいったかな?


動力パイプは、胴体部と同様に、WAVEのスプリングを使用しました。こっちの方が少し細いです。


肘関節はポリキャップに差し替えました。


[ガンダム プラモデル]パラス・アテネ  塗装 ダークブルーなど


pa blue1.jpg

マスキングをして、その他の色を塗る準備のため、さらにホワイトを塗装しました。



pa blue2.jpg

ダークブルー、グレー、レッドをそれぞれ塗装しました。

その後、マスキングテープをすべて取って、はみ出た箇所の修正をし、半ツヤクリアーをコーティングをしました。

次にスミ入れをして、もう一度半ツヤクリアーでコーティングしました。



pa upper.jpg

上半身ができました。

動力パイプは、WAVEから出ているスプリングを使用しています。



pa body leg.jpg

頭部、足をつけました。

[ガンダム プラモデル]パラス・アテネ 塗装 ライトイエロー、グリーン


pa light yellow.jpg

次にライトイエローを塗装して、乾くのを待ってマスキングしました。


pa light yellow2.jpg

マスキングからはみ出た部分をホワイトで塗装しました。


pa green.jpg

パラスアテネの特徴的なグリーンを塗装しました。


旧キットは色分けされていないので、何回もマスキングしなければいけません。はっきりいってめんどくさいです。


[ガンダム プラモデル]パラス・アテネ イエローの塗装


pa yellow.jpg

ホワイトサーフェイサーを吹き終わり、イエローのラインの塗装に入ります。
まず、ラインの入る部分をイエローではみだしし気味に塗装しました。


pa line.jpg

その後、上の写真のようマスキングテープを細く切って、
ラインにしたい部分に貼りました。


pa line2.jpg

これがマスキングテープを貼った状態です。マスキングテープの色も黄色なので写真ではよくわかりませんね。


pa yellow2.jpg

その上からホワイトを塗装しました。
その他の色を引き続き塗装していきます。



[ガンダム プラモデル]パラス・アテネ 改造ポイント 頭部の形状変更


pa head1.jpg

頭部は元のキットでは細すぎるように見えたので、設定画にならい、しもぶくれの形状にしました。

しかし、まだボリュームが足りないように感じたので、エポパテを再度盛りました。

pa head2.jpg

その後、棒やすりで首に収まるぎりぎりまで削りました。

彫刻刀やスポンジサンドペーパー(400番くらい)で形を整えて、最終的には下の写真のような形状にしました。

pa head3.jpg

[ガンダム プラモデル]パラス・アテネ 黒い瞬着


pa kuroi.jpg

不要な穴を埋めた跡が、少しへこんでいたので、補充に「黒い瞬間接着剤」を使ってみました。


結果は良好です。削りやすいし、柔らかすぎない。


何より、黒いのでどこに使ったかがよくわかります。


これからも重宝するでしょう。

[ガンダム プラモデル]パラス・アテネ 改造ポイント 腕


pa arm.jpg


腕ですが、基本的に形状は変更していません。


関節部をボールジョイントに変更しました。


大きく曲げることはできませんが、ある程度は動きます。


手は、キットでは大きな穴があいていたので(武器を持たせるため?)その穴をポリパテで埋めて、指をスクラッチしました。


[ガンダム プラモデル]パラス・アテネ 改造ポイント 胴体部


pa body.jpg

パラス・アテネ胴体部の改修ポイントですが、上半身と下半身に分かれます。


まず上半身は、肩幅が大きすぎるように思えたため、肩口を両方ともプラモ用のノコで切断し、5mm幅を狭くしました。再接着したとき段差ができてしまうので、そこはポリパテで平らに整形。


それと、動力パイプを金属スプリングに変更するため、それの通る穴を新設。プラパイプを短く切ったものをアルテコパテで胴体に接着、整形しました。


下半身は、足とのジョイントをWAVEのボールジョイントに変更。股関節内部をプラ板で新設して、ボールジョイントの受けを胴体部にはめられるようにしました。これで可動範囲がだいぶん広がりました。カトキ立ちもできます。


[ガンダム プラモデル]パラス・アテネ 改造ポイント 腰アーマー


pa armor.jpg


腰アーマーは、ポリパテで縦に大きく延長しました。


腰アーマーは、胴体に接続されていましたが、可動性を広くするために、真鍮線で大腿の上部に連結しました。


アーマー側の真鍮線の受けは、ポリパーツのランナーにピンバイスで穴をあけたものを使用しました。


木部用のエポキシパテをアーマー内側に盛って、その穴あきランナーを埋め込みました。


[ガンダム プラモデル]パラス・アテネ 改造ポイント 足パーツ


pa leg1.jpg

pa leg2.jpg


元キットは設定画に比べて足が細いです。


まず下腿のボリュームを増やすため、エポキシパテを盛って大体の形を作りました。


その後、ポリパテで面が左右対称になるように調整しました。(写真上)


大腿部も同様にエポパテ、ポリパテで太くしました。(写真下)


あと、細かいところですが、靴パーツにキット成形上できてしまう肉抜きの溝があるため、ポリパテで埋めました。


[ガンダム プラモデル]パラス・アテネ これから始めます


pa1s.jpg

pa1L.jpg

作りかけで停止していたガンプラのうち3体が終了しました。

最後に残したものは、最もやっかいなものです。

それはパラスアテネ 1/144の 旧キットの改造です。


今は素晴らしいHG 1/144 パラス・アテネが手に入るのになぜ旧キットを作るのか?

と思われる方も多いと思います。

それは、これを作り始めたのが10年くらい前でしたから。

HGでこれだけラインナップが充実するとは思われなかったころです。

完成をあきらめて、なかばお蔵入りにしていました。

でも、改めて眺めてみると「結構完成の域に近づいているじゃないか。」と気付きました。

当時の私は自分の腕と、理想の完成形がよほどかけ離れていたのでしょう。


さて、旧キットのパラスアテネとはどんなものかというと、一言で言うと、「かっこわるい」です。

下のかっこいい設定画とは各部のバランスが大きく違いました。

そのギャップを埋めようと、なれない大がかりな改造を企画しました。

その中途過程が冒頭の写真です。そこで時が止まっていました。

これから再開します。


※小さい写真はクリックすると大きくなります。

pa2.jpg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。