[ガンダム プラモデル]サザビー 完成写真


サザビーの完成写真です。

プラモ作りでは、塗装の終わった後、パーツを組んで完成させていく時が一番楽しいですね。

sazabi40s.jpg

sazabi41s.jpg

sazabi42s.jpg

sazabi43s.jpg

sazabi40L.jpgsazabi41L.jpgsazabi42L.jpgsazabi43L.jpg


※小さい写真はクリックすると大きくなります。

[ガンダム プラモデル]サザビー ブラックの塗装、ガンダムデカール、光沢クリアー 


sazabi38s.jpg

sazabi39s.jpg

sazabi38L.jpg

sazabi39l.jpg


サフ吹きが終わったパーツに、ブラックを塗装しました。(写真上)


その後、転写式のガンダムデカールを貼りました。


最後に、保護のために光沢クリアーをエアブラシで吹きました。
(写真下)


最後に組み上げて終了なのですが、ここで痛恨のミス!


右ファンネルコンテナのふたを内側と外側を逆につけていました。


すでに瞬間接着剤でがっちり組んだ後だったので、ミニのこでファンネルコンテナのふたを根元から切り離し、正しい位置に再度接着。


それにともなって、「FUNNEL SYSTEM」というデカールが、右ファンネルコンテナでは内側についてしまいました。本当は左右とも外側につきます。


次回は完成写真を載せます。



※小さい写真はクリックすると大きくなります。

[ガンダム プラモデル]サザビー ブラックの塗装 サフ吹き


sazabi35s.jpg

sazabi35L.jpg


これまで塗装が終わったパーツでできる範囲で、足を組んでみました。


なかなかいい感じ。


sazabi36s.jpg

sazabi37s.jpg

sazabi36L.jpg

sazabi37L.jpg


ブラックのパーツの塗装の前に、保持台に固定。(写真上)


その後ホワイトサーフェイサーを吹きました。(写真下)


これらのパーツの元の成形色は、ブラックというより、紺色です。


ですが、ガンダムカラーHGサザビー用に含まれているブラック3を使用するので、かなり黒に近い色になるでしょう。



※小さい写真はクリックすると大きくなります。




[ガンダム プラモデル]サザビー グレーの塗装


sazabi34s.jpg

sazabi34L.jpg


サーフェイサーを吹き終わったパーツを1日置いて、グレーを塗装しました。


カラーレシピは、ニュートラルグレー+赤ごく少量です。


その後、マスキングテープをはがしました。


光沢クリアーを全体にエアブラシで吹いて、塗膜を保護しました。



※小さい写真はクリックすると大きくなります。

[ガンダム プラモデル]サザビー 塗装 グレーのパーツ ホワイトサーフェイサー


sazabi32s.jpg

sazabi33s.jpg

sazabi32L.jpg

sazabi33L.jpg


グレーのパーツを塗装します。


手、関節、ビームライフルなどです。


まずマスキングしたのち、保持台や洗濯バサミでパーツを固定。(写真上)


その後ホワイトサーフェイサーをエアブラシで塗装していきました。(写真下)


※小さい写真はクリックすろと大きくなります。

[ガンダム プラモデル]サザビー 塗装 腰部のバーニアの塗り分け


sazabi26.jpg

sazabi27.jpg

sazabi29.jpg

sazabi30.jpg


腰部のバーニアは、結構目立つパーツなんですが、成形色ではなぜかミッドナイトブルーです。


ミッドナイトブルーは、ほとんど黒に近い紺色です。


そこで、塗り分けが必要でした。


まず全体をホワイトサーフェイサーで塗装。


次にレッドを全体に塗装。


そして枠の部分をマスキングして(写真1番上)


もう一度ホワイトサーフェイサーを塗装。(写真上から2番目)


イエローを塗装(写真上から3番目)して、マスキングテープをはがしました。これで塗り分けは大体完了です。(写真1番下)


しかしごらんのとおり、少しイエローが枠にはみ出してしまったので、その辺にあったアルコール系の赤色のマジックでリタッチして完了です。



[ガンダム プラモデル]サザビー 塗装 黄色のパーツ


sazabi28s.jpg

sazabi28L.jpg

サフ吹きが終わったので、その上から黄色の塗装をします。


カラーレシピはイエロー+オレンジ 8:2くらいです。


溝や陰になる部分にガンダムマーカーのブラウンでスミ入れをしました。


その後、光沢クリアーでコーティングしました。




※小さい写真はクリックすると大きくなります。

[ガンダム プラモデル]サザビー 黄色のパーツ サーフェイサー


sazabi24s.jpg

sazabi25s.jpg

sazabi24L.jpg

sazabi25L.jpg


赤の次は黄色のパーツを塗装します。


主にバーニア、メガ粒子砲の部分になります。


まずバーニア類はマスキングテープでマスキング。


その他のパーツはそのままで、ホワイトサーフェイサーをエアブラシで塗装しました。


上の写真が塗装前。下の写真がサーフェイサー後です。



※小さい写真はクリックすると大きくなります。


[ガンダム プラモデル]サザビー シール、デカール、コーティング


sazabi23s.jpg

sazabi22L.jpg


赤の塗装が終わったところで、ガンダムマーカーのリアルタッチマーカーでスミ入れをしました。


エナメル塗料でもいいのですが、こちらの方が楽です。


赤の部分にはブラウンを、黒っぽくしたいところはグレー3をつかいました。


スミ入れ後、付属のシール、ガンダムデカールを貼りました。


そのあとは光沢クリアーでコーティング。上の写真がその出来上がりです。



※小さい写真はクリックすると大きくなります。

[ガンダム プラモデル]サザビー 明るい赤パーツ 塗装


sazabi21s.jpg

sazabi21L.jpg


明るめの赤パーツを塗装しました。


調色は、ガンダムカラーのレッド3+メタリックレッドを1:1です。


少しメタリック感が出せました。


サザビーの赤には、暗めと明るめの2種類あるのですが、あまり差がなくて、一見良くわかりません。


でも、よーく見てみると違います。


暗めの赤の方が圧倒的にパーツ数が多いのですが、


明るめの赤は、頭部全体、つま先、足首、肩先端、フロントスカートアーマーに使われています。



※小さい写真はクリックすると大きくなります。

[ガンダム プラモデル]サザビー 明るい赤パーツ サーフェイサー


sazabi19s.jpg

sazabi20s.jpg

sazabi19L.jpg

sazabi20L.jpg


明るめの赤パーツを塗装する前に、持ち手に固定。(写真上)


ホワイトサーフェイサーをエアブラシで吹きました。(写真下)


前回の、暗めの赤のパーツに比べて、パーツ数は少なめです。



※小さい写真はクリックすると大きくなります

[ガンダム プラモデル]サザビー 塗装 暗めの赤


sazabi17s.jpg

sazabi17L.jpg

sazabi18.jpg


先日サフ吹きしたパーツに、暗めの赤を塗装します。


いつものエアブラシ(プロコンBOYダブルアクション)で吹いていきました。


コンプレッサーはクレオスのL5を以前から使用しています。


調色には、ガンダムカラーのHGサザビー用を使用しました。


暗めの赤は、ガンダムカラーレッド4+メタリックレッドを1:1で作りました。


ガンダムカラーは半光沢なので、メタリックとはあまり相性は良くないと思います。


しかしメタリック感がどうしても欲しかったので、混合してみました。


実際塗装してみると、メタリック感は控えめですが出ていましたので、よしとしました。



※小さい写真はクリックすると大きくなります。

[ガンダム プラモデル]サザビー 塗装 ホワイトサーフェイサー


sazabi16s.jpg

sazabi16L.jpg


保持台で支えたパーツにホワイトサーフェイサーをエアブラシで吹いてていきました。


ホワイトサーフェイサーは、缶入りのものをいったん紙コップに移して、うすめ液で薄めて使用しました。


グレーのサーフェイサーでなくホワイトを使用したのは、塗膜が厚くなるのが嫌だったからです。


グレーのサーフェイサーは隠ぺい力は高いです。


しかしレッドを塗る前に、発色を良くするためホワイトを下地として塗装しなければいけません。


下地の色がある程度均一なら、隠ぺい力が低くてもホワイトサーフェイサーの方を私は使用します。


また、ホワイトサーフェイサーは、わざわざ缶スプレーから出さなくても、ビン入りのものが売っています。


今回はたまたま缶入りのものしか手に入らなかったのでこれを使用しました。


大きな模型店ならビン入りのホワイトサーフェイサーはたいてい売っています。




※小さい写真はクリックすると大きくなります。

[ガンダム プラモデル]サザビー 塗装 保持台


sazabi15s.jpg

sazabi15L.jpg


これから塗装を始めます。


保持台を自作しました。ホームセンターで買ってきた木の板で作りました。


まずはサザビーの濃いめの赤パーツから塗装します。


写真でわかるとおり、保持台がいっぱいいっぱいになってしまいました。


それだけサザビーのパーツが多いということですね。



※小さい写真はクリックすると大きくなります。

[ガンダム プラモデル]サザビー 後はめ加工 すねパーツの補充


sazabi14.jpg


以前にすねパーツとひざパーツのつなぎ目は、後はめできるように、すねパーツを一部切欠きました。


その部分は完成後に目立ってしまうので、補充するパーツをエポキシパテで作成しました。


微妙な高さ調節のため、プラ板を張っています。


プラ板を張ってできた段差は、棒やすりやタイラーやすりでなめらかな曲面になるようにしました。


[ガンダム プラモデル]サザビー 表面処理


sazabi13s.jpg

sazabi13L.jpg

サザビーの各パーツに紙やすり400番をかけていきました。


平面にはタイラーやすりを使用しました。


タイラーやすりはだんだん粘着力が弱くなってくるので、今はサンドペーパーを水溶性のりで貼って使っています。


曲面には、主に二つ折りにしたサンドペーパーを使用しました。


この作業により、面の不自然な凹凸がなくなり、しっとりと落ち着いた感じになります。


そして、再び仮組み。改めてサザビーの大きさにびっくりしました。



※小さい写真はクリックすると大きくなります。


[ガンダム プラモデル]サザビー 後はめ加工 肩部分


sazabi12s.jpg

sazabi12L.jpg

肩のパーツの後はめ加工です。

上部パーツはあらかじめ接着し、ダボ(ピンを受ける部分)を切り欠いて、後ではめられるようにしました。

その他は加工なしで脱着できます。



※小さい写真はクリックすると大きくなります。

[ガンダム プラモデル]サザビー 後はめ加工 上腕、肘、前腕


sazabi9s.jpg

sazabi9L.jpg

サザビーの腕パーツの後はめ加工です。

ここの主なポイントは、前腕とつながる肘パーツを、ノコで切り欠いて後はめできるようにしたところです。

[ガンダム プラモデル]サザビー 後はめ加工 頭部


sazabi7.jpg

頭部の分解です。特に加工なしで後はめできるようになっています。

[ガンダム プラモデル]サザビー 後はめ加工 腹部、胸部


sazabi6s.jpg

sazabi6L.jpg

サザビーの腹部と胸部を分解したところです。

ここもパーツのピンを短く切ったくらいで、後はめOKです。

動力パイプ部の処理に少し手間取りそうです。



※小さい写真はクリックすると大きくなります

[ガンダム プラモデル]サザビー 後はめ加工 ビームライフル


sazabi5s.jpg

sazabi5L.jpg

ビームライフルの後はめ加工です。

左手を添える可動部分や、パイプを後はめができるように加工しました。


※小さい写真はクリックすると大きくなります。


[ガンダム プラモデル]サザビー 後はめ加工 ひざ、太もも、腰回り


sazabi4s.jpg

sazabi8.jpg

sazabi4L.jpg

次に膝パーツにもC型の切り込みを入れて、大腿部と後はめができるようにしました。

腰回りのパーツは、はずれやすくするためにピンを短く切ったくらいです。


※小さい画像はクリックすると大きくなります。

[ガンダム プラモデル]サザビー 後はめ加工 すね部分


sazabi3s.jpg

sazabi3L.jpg

すね部分の後はめ加工です。メインは膝パーツとつながる部分をCの字に切り欠いたところです。

タミヤの模型用のこを使いました。

のこの切り口の、ささくれたところはオルファのデザインナイフで成形しました。

その他のパーツはほとんど加工しなくても後はめ可能になっていました。


※小さい写真はクリックすると大きくなります。


[ガンダム プラモデル]サザビー 後はめ加工 足部分


sazabi2s.jpg

sazabi2L.jpg

足部分の後はめ加工をしました。

比較的簡単なパーツ構成です。

はさみこむ部分を削り落としたり、パーツを取りやすくしたりしました。

[ガンダム プラモデル]サザビー これから始めます


sazaby1s.jpg

sazaby1L.jpg

MGのサザビーは、MGケンプファーとほぼ同じ時期に手に入れたものです。


仮組みだけした状態です。表面処理も何もしていません。


上の画像のような状態で長年放置されていた、かわいそうなサザビー。


これから作ります。



※小さい写真はクリックすると大きくなります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。