ガンプラ:キュベレイ 完成写真続き


写真が完全に枠からはみ出してしまってます。
少し見苦しいですがお許しください。m(_ _)m
小さい写真は、クリックすれば大きくなります。
↓バインダー展開状態qubeley10.jpg

↓手も上げられます
qubeley9.jpg

上向きqubeley8.jpg

↓うしろ姿
qubeley7.jpg

ガンプラ:キュベレイ 光沢クリアー、完成


スミ入れの終わったキュベレイの各パーツに、クリアーを吹いていきました。

パールの輝きを失わせたくなかったので、ビン入りの光沢ありのスーパークリアーを吹きました。これで完成です。

↓正面写真
qubeley4.jpg
↓ななめから
qubeley5.jpg
↓上半身拡大写真
qubeley6.jpg

ガンプラ:キュベレイ 目の処理


キュベレイのカメラアイの部分は、塗装で行こうとトライしましたが、小さすぎてあまりうまくいかず。

付属シールの精度がよかったので、そちらを使うことにしました。
普通に切れ目が入っていなかったので、デザインナイフで切り出して、つまようじで貼り付けました。
qubeley3.gif

ガンプラ:キュベレイ スミ入れ


キュベレイにエナメルの黒でモールド部分にスミ入れをしました。

やはり、はみ出した部分はエナメル溶剤を染み込ませた麺棒でふき取ります。
qubeley2.jpg

ガンプラ:キュベレイ 肩のスリット


キュベレイのピンクのスリット状の部分はエナメル塗料で筆塗りをしました。

はみ出した部分はエナメル溶剤を染み込ませた綿棒でふき取ります。
qubeley1.jpg

ガンプラ:キュベレイ パール塗装


キュベレイのパーツが乾燥したので、

パール:クリアー(光沢あり)を1:2で混ぜたものを、うすめ液で適度にうすめて、エアブラシで全てのパーツに塗装しました。

肩バインダーの裏のクリアーレッドを塗装した部分と、バインダー裏の装甲部の黒鉄色を塗装した部分には、パールがかかってほしくなかったので、そこだけマスキングをしました。

パールは白だけでなく、ピンクや紫のパーツにも吹きました。昔のホビージャパンの記事を参考にしつつやったのですが、やはり、不思議な輝きが得られました。

ガンプラ:キュベレイ 塗装のはみだし


肩バインダーパーツの塗装のリカバリーは何とか終了しました。

しかし、クリアーレッドという色の特性のせいか、ベースホワイトでコーティングしても色があまり消えず、したがって再度クリアーレッドを吹いたあともややまだらになってしまいました。

しかしあまり目立つ部分ではないので、気にせず先に進むことに。


マスキングをしていなかったので、肩パーツの表側やエッジにも塗料が少量ついたので、それをサンドペーパーで落としました。

最後に、肩パーツを食器洗い用洗剤で洗浄して、自然乾燥させます。

ガンプラ:キュベレイ 塗装の失敗とリカバリー


キュベレイはやっと下地処理が終了しました。
1000番の紙やすりまで使用したので結構時間がかかりました。

まず、肩バインダーの裏にクリアーレッドを吹きました。
しばらくエアブラシを使っていなかったせいか、はじめはエアブラシの調子がいまいちで、うまく吹けませんでした。

そのため、吹く量が多すぎてしまい、たれてしまいました(´Д`)。
再度塗りなおすため、紙やすりで塗膜をはがして、塗りなおすというめんどくさい作業が必要になりました。

でもやがて、我慢できなくなって、まだらになってしまったクリアーレッドの上にベースホワイトをコートして、再度クリアーレッドを吹くことにしました。

塗装の失敗のリカバリーは大変です(ノ´Д`)・゚・ 



あと、バインダー裏のメカ部分に黒鉄色を吹きましたが、これはうまくいきました。

ちなみに、黒鉄色は(くろがねいろ)と読むのか(こくてつしょく)と読むのか私はわかりません。

ガンプラ:キュベレイ 表面処理、スジ彫り


キュベレイは下地作りが足、胴体、頭部ができました。スジ彫りを彫りなおしたり、サンドペーパーをかけたりの作業です。

これから大きい肩バインダー、腕に取り掛かります。腕は後ハメがしにくい形状なので、悩み中です。

ガンプラ:キュベレイ スジの彫り直し


キュべレイの足部分の形状ですが、先のとがった形になっています。側面は微妙にカーブがかかっているので、棒やすりや鉄板に張った紙やすりで平面にしていきます。

中央部分にスジ彫りを追加したのですが、はみ出したり、よれたりで、瞬間接着剤で埋めなおして再度彫りなおしたりしてます。瞬間接着剤の部分は透明になってしまうのですが、後で塗装します。

ガンプラ:キュベレイ 整形・ペーパーがけ


ただいまキュベレイは、整形&表面処理中です。

細かい部分の整形は、棒やすりと紙やすりを使ってやっています。

パール塗装のため今回は表面処理は400番が終わったら600番までかける予定です。

でも、スジ彫りを深くしたり、追加したりしながらやっているので、作業の進みは遅いです。(〜〜;)

ガンプラ:キュベレイ 表面処理


ガンプラ製作も毎日の積み重ねですね。

今日は主に胴体上部のスジ彫りを深くすることと、平面にペーパーがけをしました。

一つ一つの作業を雑にならないようにやっていこうと思います。

ガンプラ キュベレイ 下地作り


ガンプラ製作でも下地作りは重要です。

今はひたすら紙やすり作業を行っていますが、同時に、スジ彫りを深くしていきます。

これは、紙やすりで表面が薄くけずれたときに、ディティールが失われるのを防ぐためです。

前回のリックディアスでスミ入れがうまくできなかったことの反省を生かしてそうすることにしました。

ガンプラ:キュベレイ パール塗装が目標


Zガンダムの中で、私が一番美しいと思うMSはキュベレイです。

流線型の多用されたデザインが気に入っています。このHGのキュベレイはパール塗装を施そうと思っています。

しかし、まだ接着した段階なので、それはまだ先のこと。
接着作業が終わって1週間以上たったので、そろそろ切削作業に入っていきます。

まずヒケをなくすためと、接着部分を平らにするため、全体を400番の紙やすりで磨いていきます。

ガンプラ:キュベレイ 接着作業 


キュベレイを解体して、接着の作業をしました。

場所によってタミヤセメントの普通の接着剤と、流し込み用を使い分けました。

解体してみると、改めて後ハメめ加工がほとんど必要ないことに感服。HGのクオリティ高し。

ガンプラ:キュベレイ 仮組み


まったく今日も雨だ!と、天気をうらんでばかりいてもしょうがないので、次のMS製作にとりかかりたいと思います。
キュベレイHG1/144で、仮組みだけ終わった状態です。まず接着します。その後ペーパーがけして、地色を生かしたパール塗装を施したいと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。