ガンプラ:リックディアス 完成写真


塗装の終わったリックディアスをくみ上げて、
リックディアスついに完成です。
完成したものを眺めてみると、ツヤ消し仕上げは落ち着いたいい感じです。プラモデルが完成すると、ほんとにほっとします。でもそれは、また次のプラモ製作の始まりを意味しています。
rikdias.jpg

ガンプラ:リックディアス ツヤ消しクリアーがけ


リックディアスに昨日ツヤ消しクリアーを吹き付けましたが、これは缶入りのクリアーを1回ビンに吹き付けて出して、そのビンからエアブラシに注いで使いました。

この方法は、ガンプラを作る人もやる方が多いようですね。でもこれなら、瓶入りのツヤ消しクリアー最初から使用しても同じなのでは?と疑問に思いました。

リックディアスは組み上げるととても落ち着いた感じの色合いになり、良い感じです。ツヤ消し仕上げもいいかも。

ガンプラ:リックディアス コーティング


リックディアスにスミ入れを入れ終わったので、最後の仕上げにツヤ消しクリアーで全面にコーティングしました。

今までガンプラは半ツヤで仕上げていたので、このツヤ消し仕上げはなんだか白っぽく曇ったように見えてしまうようです。

でも乾けば落ち着いたふうに見えるのかな・・・。クレイバズーカだけは、持ち手にした部分が、黒鉄色を未塗装だったので、その部分を塗装しました。クレイバズーカの仕上げは明日以降に。

ガンプラ:リックディアス スミ入れの反省


リックディアスにスミ入れ作業の続きを施します。

ガンプラの中ではスミ入れ部分の少ないキットだと思います。

ところどころ、スミ入れしにくい部分があるのですが、これは私が塗装前にスジ彫りをしっかりしておけばよかったと反省。

ガンプラ:リックディアス スミ入れ作業


リックディアスにスミ入れをしました。
長いことやってなかったので、ガンプラの本を見ながらやりました。

エナメル塗料の黒をうすめて、溝や段差に流します。

ちょっと乾いてきたら、余分なはみ出た部分をふき取ります。

ふき取ったときに、必要な部分も取れてしまうこともあるので、
1回ではなかなか終わりません。

ガンプラ:リックディアス 半光沢クリアーがけ


リックディアスにクリアコートをかけました。

パーツごとにクリップや洗濯ばさみやプラ棒でささえて、コンプレッサー、エアブラシで半光沢のクリアーを吹いていきます。

今日もあまり天気は良くないけど、まとまった時間が今日以外あまり取れないので決行しました。

ついでにクレイバズーカに黒鉄色を塗装しました。

ガンプラ:リックディアス プランを立てる


リックディアスの作業が進みません!!
それもこのところの雨のせいです。天気が悪いと、塗装作業はできないのです。
1.つなぎ目と切り取り跡の塗装
2.半ツヤクリアーで全体をコーティング
3.スミ入れ
4.ツヤ消しクリアーでコート
とする予定が、2に進めないんです!

ガンプラ:リックディアス 筆塗り 


無塗装でいくのですが、合わせ目やパーツ切り離し部分など、色が変わってしまっているところがあります。

そういうところは筆でちょいちょいとガンダムカラーを塗りました。

ちなみに、クワトロ・バジーナ用カラーです。

リックディアス1/144


 はじめまして。仕事が忙しくて一時期ガンプラ製作を中止していたのですが、環境が変わり、再び少しづつ作ろうと思っています。
 現在作りかけのプラモは5個ありまして、それらをまず片付けていこうと思います。
 はじめにリックディアスHG1/144。接着と、400番での紙やすりがけは終わっています。これは成型色を生かして基本的に無塗装でやろうと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。