[ガンダム プラモデル]パラス・アテネ 改造ポイント 胴体部


pa body.jpg

パラス・アテネ胴体部の改修ポイントですが、上半身と下半身に分かれます。


まず上半身は、肩幅が大きすぎるように思えたため、肩口を両方ともプラモ用のノコで切断し、5mm幅を狭くしました。再接着したとき段差ができてしまうので、そこはポリパテで平らに整形。


それと、動力パイプを金属スプリングに変更するため、それの通る穴を新設。プラパイプを短く切ったものをアルテコパテで胴体に接着、整形しました。


下半身は、足とのジョイントをWAVEのボールジョイントに変更。股関節内部をプラ板で新設して、ボールジョイントの受けを胴体部にはめられるようにしました。これで可動範囲がだいぶん広がりました。カトキ立ちもできます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。