[ガンダム プラモデル] アクションベース


私がプラモデル作りを休んでいた期間は約5年間だと思います。

その間には、キット自体の進化はすごかったようで、最近のMGやHGUCのキットの紹介をみると、目を見張るものがあります。

それと同時に、プラモデル用工具や材料も多くのものが新しく出ていることに気付きました。

模型専門店でこのあいだ、黒い瞬間接着剤なんてのも売ってましたが、よく考えると使いどころはかなりありそうです。

また、最近のSEED系ガンプラには初めから空中姿勢をとれるように、ディスプレイが付いていることが多いようです。

それと同じように、アクションベースなるものも出ていて、さまざまなキットに対応して、空中でポーズをつけることができる。と知りました。

少し興味を覚えたので、買ってみました。サンプルにはそうだな・・・HGUCジムあたりが適任か。

actionbase gm.jpg

ジ、ジムが宇宙(そら)飛んどる!!

と、地元なまりが出てしまうほどの驚きでした。これはあらゆるMSのポージングの幅が劇的に上がるでしょう。
この記事へのコメント
Loppenさんコメントありがとうございます。相互リンク了解しました。
Posted by K at 2008年07月23日 23:32
こんにちは、ジム、かっこいいじゃないですか!!
僕もガンダムのシールドをかなりいじりましたが、ウェザリングセットでススとオイル汚れ使ってもっと派手に汚したらリアル感もっと出ましたよ!
Posted by のり at 2008年07月24日 14:18
>Kさん
リンクしていただきありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。m(_ _)m

>のりさん
汚しって、作業してるとなんだか楽しくなるので私は最近好きになってきました。
少し前は、とにかくきれいに作って半ツヤでコート、というのが私の主流でしたが、バリエーションが増えたように思います。
Posted by Loppen at 2008年07月24日 19:22
ジムいいっすねぇ
自分も前に作ったなぁ、エナメル溶剤の侵食に気づかず、
パーツにヒビが入っちゃったけど。(ToT)
Posted by KAZ豊 at 2008年07月24日 22:50
>KAZ豊さん

エナメル溶剤の浸食。私もよくあります。
パーツにひびが入ってしまいます。
今回のケンプファーでは、下地のクリアーを2回かけることによって、エナメルの浸食を防ごうとおもいます。
Posted by Loppen at 2008年07月25日 21:34
アクションベースって買うのをチョットためらいますよね。 
置く台に¥500するか〜、ってなとこで。
でも、あればきっと持ちプラモが3倍かっちょよくなるんだろうな、と思いつつまだ購入に踏み切れていない私です。
Posted by iki at 2008年10月07日 01:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。