[プラモデル ガンダム]ザクUver2.0 下半身の可動範囲


ここで下半身の可動域を試してみたいと思います。


zaku11waist.jpg

まずは開脚です。150度くらいは開いていると思われます。足の裏は接地していませんが。



zaku12leg.jpg

膝立ちポーズも簡単にできるようです。腰のアーマーがかなり動くのでここまでできるんですね。

[プラモデル ガンダム]ザクUver2.0 上半身、下半身


zaku waist.jpg

ザクUの腰部分です。各部アーマーが開くようになっています。
少しすきまが気になりますが。

zaku upper.jpg

ザクの上半身が完成です。


zaku under.jpg

ついで下半身です。

[ガンダム プラモデル]ジム MG ver2.0 について


ジムMG ver2.0のテストショットがホビージャパンの最新号に掲載されていましたね。

ガンダムMG ver2.0をベースにしているので、もちろん可動は良いでしょう。

掲載されている写真を見る限り、プロポーションも、かっこ良すぎない、かっこ悪すぎない。ジムのバランスを保てているようです。

前のジムMGよりも、傑作と誉れの高いHGUCジム1/144に近いと思われます。

ガンダムMG ver2.0には手を伸ばさなかった私ですが、このジムは買うのを我慢できないでしょう。

[ガンダム プラモデル]ザクU ver2.0 腕パーツ、脚部パーツ


zaku arm.jpg

ザクの腕パーツです。肘が二重関節になっていて、ほぼ180度曲げられます。


zaku leg frame.jpg

ザクの脚部フレームです。これに装甲とつけていくような組み立て順になっています。


zaku leg.jpg

ザクの脚部です。膝も二重関節で、ふくらはぎと太ももの裏がくっつくくらい良く曲がります。
また、足部分にも可動部があって、つま先立ちも可能です。


[ガンダム プラモデル]ザクUMG ver2.0 始めます


ザクUMG ver2.0を作ることにしました。

今までは古めのキットを作ってきましたが、
最近のキットも作ってみたくなったからです。


小学生の頃シャアザクを作った記憶がありますが、そのころは僕はパーツをねじってランナーから外してたような子供でした。


だから、きれいにザクを作るのは今回が初めてです。

zaku pack.jpg

箱の絵もかっこいいです。汚し塗装の見本になりそうです。


zaku chest1.jpg

胸部の内部フレームです。コックピットもこの中にあります。

zaku chest2.jpg

胸部の完成です。


組んでみて気づいたことは、組みやすいようにパーツがランナーにうまく並べられていることです。これで組み立てのストレスはとても減ると思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。