[ガンダム プラモデル]ケンプファー 後半 ウェザリング 脚部 


kempfer36.jpg

kempfer37.jpg

kempfer43.jpg

kempfer44.jpg


ケンプファーに使い込まれた感じを出すために、ウェザリングをしました。


エナメル塗料でオイルだれ、サビなどをかきこみました。
それをエナメル用シンナーを含ませた綿棒でぼかしました。


デザインナイフの先端で各パーツに傷を所々につけて、スミ入れ用マーカーで黒く塗り、はみ出した部分を綿棒でふき取りました。


同じく傷をつけた部分にタミヤウェザリングマスターの「銀」をのせて、塗装のはげた感じを出した部分もあります。


これらは戦闘で使用されて、装甲に付いた傷や弾痕を表しています。


パーツのエッジ部分にも、塗装がはげて下地の金属が露出している感じを出すために、タミヤウェザリングマスターの「銀」をのせていきました。


このときは、平筆を短めに切ったもので、ドライブラシのようにこするようにのせていきました。


前半部分で完成した部分にもウェザリングをすることにしたので、全面改装になりました。


記事の冒頭の写真は、それらの作業を行った太もも、すね、足パーツの写真です。


足部分にはとくに、土汚れを表現するため、ウェザリングツールの「アカサビ」を使用しました。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。